手作り酵素飲料を飲んでみた感想

先日、かなり田舎の方に行く機会がありました。田舎も田舎、田んぼが目の前に広がっているような、かなり山の奥まで行ってきました。仕事だったのですが、一緒に行った人の実家が近くだったので寄らせてもらって・・・そこで手作りの酵素飲料をいただいたんです!感激〜!!これは初めての体験でした。
そこでは春と秋に発酵させているそうで、その2回で1年分作るそうです。材料は30種類以上の野菜と果物!!お金もかかるだろうな〜と思いましたが、果物以外の野菜はほとんど自宅で作るか、いただくかした野菜だそう。すごく贅沢な酵素ですよね。
手作り酵素飲料を飲んだ感想ですが、私は市販のものよりも手作りのほうが飲みやすかったです。これは発酵させる時期や発酵頻度にもよるので、一概に「手作りがいい!」ともいえないのですが・・・そのお母さんの作り方もすごく上手だったんだと思います。
発酵させるときにあまり早く発酵させてしまうとお酒のような感じになり、子供は飲めなくなるそう。そのお母さんもお酒は飲めないそうで、自分が飲める範囲になるように発酵を調節するんだそうです。
家で発酵飲料を作れるなんて、なんだかうらやましい感じがしました。手作りってすごく手間はかかりますが、やはり濃い飲料ができる気がします。余計な混じり気もありませんしね。手作りのレシピは人それぞれ全く違うそうです。自分に合うレシピで作ってみるのもいいかもしれませんね!